長崎県橘湾でカタクチイワシを漁獲している中型まき網船団「天洋丸」です~煮干いりこ、エタリの塩辛、自転車飯の素

カタクチイワシ

 カタクチイワシはこんな魚

イワシ類というと、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシを指しますが、分類学的にいうとニシン目カタクチイワシ科となります。
カタクチイワシ

標準和名カタクチイワシ           
学名  Engraulis japonicus     
英名  Japanese anchovy          
地方名 シコイワシ、セグロイワシ、コイワシ、ホオタレ、タレクチ、タレ、エタリなど
分布  日本全域など            
えさ  主に動物プランクトン        
大きさ 成魚で12~14cm程度         
生態産卵:春~秋、寿命:2~3年ほど  
利用  主に煮干、大型魚の餌、鮮魚など   

当地では「エタリイワシ」と呼ばれてます

カタクチイワシは日本近海で広く漁獲されるため、上記の通り各地それぞれで呼び方も異なっています。
長崎県内では、下あごが垂れ下がっている特徴から、タレ、エタリ、エタレなどと呼ばれています。
橘湾沿岸では「エタリ」です。魚屋さんの店先では「エタリあります」の看板が出てることもあります。

長崎県沿岸のカタクチイワシの生態

日本近海で生息するカタクチイワシは、系群、つまり「特定海域の中で、同じような形態・生態・生理を持ち、個体と種族の維持を続けている集団」、に分けることができます。本州太平洋系群(紀伊半島以北)、九州太平洋系群(紀伊半島以西、四国、九州東沿岸)、日本海系群、九州西岸系群があり、長崎県沿岸のカタクチイワシは九州西岸系群となります。

長崎県沿岸で漁獲されるカタクチイワシは春生まれ、夏生まれ、秋生まれのもので構成されています。

橘湾では、春生まれは4~6月に、夏生まれは7~9月に、秋生れは10~12月に、湾外からシラス、カエリ(体長2~3cm)として索餌のために来遊し、 12月まで湾内で成長しながらカエリ、小羽として漁獲されています。

なお、橘湾での漁獲量の変動は、その年の発生量(五島灘・五島西沖)と湾内への来遊条件(水温分布)や滞留条件(湾内の水温、塩分濃度)に大きく影響を受けています。

ここ数年、「例年とは違う」状態が続いています。
地球温暖化とか色々なことが影響しているようです。

カタクチイワシの利用

カタクチイワシのシラスは茹でると釜揚げシラス、それを乾燥させたものをちりめんじゃこ(シラス干し)として、多く利用されています。

3~5cmの幼若魚はそのまま干して田作り(ごまめ)、茹でて干した煮干(いりこ)として加工され、特にいりこは味噌汁のダシとしては最高のものといえます。

もっと型が大きくなると、めざしなどの丸干し製品として利用されています。そして雲仙市の橘湾沿岸では、カタクチイワシを丸のまま塩漬けした「エタリの塩辛」も昔から冬場の保存食として作られてます。

もちろん生食用としても、刺身、煮魚などとして食されています。

人間の食料以外にも、カツオの生き餌として利用されたり、肥料や飼料として加工されるものも大変多いです。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional